公正・誠実にフランチャイズ本部構築と加盟推進を指導するプロフェッショナル集団のJFRI

コラム

リサイクルフランチャイズ加盟のポイント

小売フランチャイズで注目されているのはリサイクル関連でしょう。

リサイクルフランチャイズが扱う商品は、自動車、本、ゴルフ用品、家電、釣り具、レコード・CD、バイク、衣類、着物、ブランド品などでしたが、最近では携帯電話、厨房器具、楽器、農機具などのフランチャイズも登場しています。また、取扱商品を限定しない買取専門の質屋さんのような業態も数多く出現しています。

 

リサイクル関連フランチャイズはまだまだ伸びる可能性を秘めているでしょう。何と言っても、可処分所得が減っている中で、「安い」というのは魅力ですし、環境問題への意識の高まりで中古品に対するイメージも変わりつつあります。

加盟店にとって利幅が大きいという旨みもあります。

 

実は、リサイクルフランチャイズには2つのタイプがあります。

一つは、店で売りたい人から商品を買い取って、買いたい人に売ることを基本とする自給自足タイプ。

もう一方は、店では商品を買い取るだけで、本部や本部指定の業者が引き取る買取専門タイプ。

 

両者に共通して重要なことは、本部が目利きのノウハウをしっかり確立しているかということですね。

俗な言い方ですが、安く買って高く売ることがリサイクルビジネスの肝になります。

そして、研修やマニュアルなどを通じて、目利きのノウハウを加盟店が使いこなせるようにする仕組みができていることが大切です。

 

ところが、このあたりをいい加減にしたままフランチャイズ展開しているチェーンがたくさんあります。

ある加盟店オーナーさんは、本部が指導してくれないので、買取価格をヤフーオークションの落札価格を基準にして決めるとのこと。

客から一旦商品を預り、近くの大手買取専門店で査定してもらうという別のオーナーさんもいました。

これではフランチャイズに加盟した意味がありませんね。

リサイクルフランチャイズに加盟を検討する場合、このあたりは大切なチェックポイントです。

 

自給自足タイプで大切なのは店舗の立地ですね。

このタイプの場合、買い取りと販売のワンストップを実現する立地に店を持つことが必要です。本部がしっかりとした立地評価能力を持っているかどうかは重要です。

買取専門タイプでは、店で買い取った商品を加盟店が満足できる価格で安定的にさばけるかどうかのチェックが必要です。

本部が加盟店から買い取った商品を海外に輸出する場合ですと、輸入国の政策で突然に関税が跳ね上がったり、強力なライバルが出現したりして、ビジネスモデル自体が立ち行かなくなるような場合があります。

こうしたリスクについても加盟前に確認しておくことが必要でしょう。

また、本部の指定業者が買い取る場合でも、指定業者に買取価格を叩かれて加盟店に利益が残らないということをよく聞きます。

加盟店が、買い取った商品を本部の指定業者に売らないで、インターネットオークションで販売しているのはこのためです。

指定業者がどんな基準で買い取ってくれかを確認しておく必要はあるでしょう。

伊藤 恭
中小企業診断士
伊藤 恭
コラム著者のご紹介

成蹊大学経済学部卒業、イベント会社社長を経てFCコンサルタントとして独立。㈳東京都中小企業診断士協会フランチャイズ研究会会長、日本フランチャイズチェーン協会フランチャイズ相談室相談員等を歴任。豊富なフランチャイズ本部構築実績あり。日本経済新聞社主催のFCショー等での講演、FC専門誌・専門書の執筆多数。

FC研究会は「外食ビジネスウィーク2018」にてFC経営相談ブースを出展します。

   
セミナー講演実施中

弊社では定期的にセミナーを開催しております。

次回開催予定
現在開催予定の
セミナーはありません。 現在開催予定の
セミナーはありません。

セミナーのお申込み

フランチャイズビジネスに関することならお気軽にご相談下さい。

ご相談内容の秘密は厳守いたします。
ご相談受付フォームからの初回相談は無料です。

初回無料 ご相談受付フォーム

ページトップへ

Copyright Japan Franchise Research Institute.,Inc. All Right Reserved.