公正・誠実にフランチャイズ本部構築と加盟推進を指導するプロフェッショナル集団のJFRI

インフォメーション

2017.08.26飲食店「のれん分け・FC化」本部構築セミナー
飲食店「のれん分け・FC化」本部構築セミナー
セミナー開催日程
2017年9月28日(木)13:30-16:30

計画的に30店舗の地場チェーンを目指す
~繁盛店1店舗から始めるチェーン化のためのシナリオづくり~

こんな飲食店オーナー様におすすめです。
  • 従業員にもそろそろ店を持たせてやりたい。
  • のれん分けとFCの違いが分からない。
  • のれん分け制度で店を増やしていきたい。
 『飲食店「のれん分け・FC化」ハンドブック』をプレゼント!!

norenwake

 限定20名様!!お早目にお申込みを!!

申込締切日:2017年9月22日(金)

 

開催日時

2017年9月28日(木)13:30~16:30

内容
  • のれん分け・フランチャイズの基礎知識
  • のれん分けモデルの種類の理解
  • 目的に沿ったのれん分けスキームの構築
  • のれん分け契約のポイント
  • のれん分け契約書条項の解説と留意点
スケジュール
13:15 受付開始
13:30 第1部「のれん分け・FCの基礎知識/のれん分けスキームの構築」
15:00 休憩
15:10 第2部「のれん分け契約書のポイント」
16:20 質疑応答
16:30 無料相談会
場所

TKP東京駅日本橋カンファレンスセンター カンファレンスルーム208

〒103-0028 東京都中央区八重洲1-2-16 TGビル

無料相談会

セミナーの終了後に無料相談会を実施します。

セミナー講師および相談会担当

soudan

 

2017.06.01FC研コラム「低額投資FCの概要 ~高齢者向け宅配弁当について~」を公開

フランチャイズ研究会にて「低額投資FCの概要 ~高齢者向け宅配弁当について~ 『成功する!低額投資フランチャイズ(H25.3発刊)』より」を公開しています。

最近、社会的に興味を持たれているのが高齢者向け宅配弁当であります。今回は、本部は大手2社(いずれも日本フランチャイズチェーン協会の正会員)と、その加盟店2社を取材しました。 まず、宅配弁当事業(高齢者には限定しない)は、市場の拡大が期待できるだけに、競争状況は厳しくなっております。

→コラムはこちら

2017.05.28FC研コラム「特別無料公開!!『エリア・フランチャイズ制度に関する調査報告書(H23年3月)』~エリア・フランチャイズの歴史~」を公開

フランチャイズ研究会にて「特別無料公開!!『エリア・フランチャイズ制度に関する調査報告書(H23年3月)』~エリア・フランチャイズの歴史~」を公開しています。
今回は「エリア・フランチャイズの歴史」を掲載しています。

日本でエリア・フランチャイズが導入される基盤は、フランチャイズが本格的に日本に導入された1970年に遡ります。それは、その時期アメリカ若しくはイギリスのフランチャイズ本部と、日本の企業が資本提携をして日本全土をエリアとするマスター・フランチャイズ契約を締結するのが一般的であったからであります。

→コラムはこちら

2017.05.21FC研コラム「FCチェーンの海外展開事例(1) ~大戸屋~」

フランチャイズ研究会にてFCチェーンの海外展開の動向 ~なぜアジアに進出するのか?~」を公開しています。

日本を代表するFC本部8社から、海外進出のきっかけや苦労話など貴重な話を聞くことができた。いずれのFCチェーンも今では海外の複数国に展開しており、海外展開ノウハウが蓄積されていると考えられる。こうした本部の事例は、これから海外進出を目指す企業にとって大いに参考となるであろう。
今回は「大戸屋」の事例を紹介。

→コラムはこちら

2017.05.18FC研コラム「イノベーションとは(2)『フランチャイズ・イノベーション』より」を公開

フランチャイズ研究会にて「イノベーションとは(2)『フランチャイズ・イノベーション』より」を公開しています。
■破壊的イノベーションと市場の認知
■ビジネスモデルによるイノベーション
■製品・サービス展開手法のイノベーション

リニューアルされ続ける製品を支持しなくなった顧客層はどうなるのでしょうか。多くは、惰性でそのまま使用を続けることになりますが、一部は例えば品質は既存製品に劣るもののコストの面で比較優位性がある、など新しい価値を持って新規参入してきた事業者へ流れます。この時点では既存企業は新規参入してきた事業者を深刻な競合として認識しません。影響が小さかったり、重要な顧客層と被っていなかったり、といった理由によって。

→コラムはこちら

2017.05.17FC研コラム「低額投資FCの概要 ~学習塾業界について~」を公開

フランチャイズ研究会にて「低額投資FCの概要 ~学習塾業界について~ 『成功する!低額投資フランチャイズ(H25.3発刊)』より」を公開しています。

学習塾のフランチャイズは増加傾向にあります。フランチャイズで学習塾を展開する本部は、私たちの調査では個別指導方式が主力であり、一部の加盟店では、個別指導と併せて、集団指導を行っていましたが、ここでは個別指導学習塾にしぼってまとめます。
個別指導学習塾は、大手(教室数1千校クラス)、中堅(教室数200~500校クラス)、新進(教室数10~50教室)に分類できます。今回の調査では、それぞれの1本部(及び加盟者)を選定して調査致しました。

→コラムはこちら

2017.05.14FC研コラム「特別無料公開!!『エリア・フランチャイズ制度に関する調査報告書(H23年3月)』~エリアFCが重視される理由~」を公開

フランチャイズ研究会にて「特別無料公開!!『エリア・フランチャイズ制度に関する調査報告書(H23年3月)』~エリアFCが重視される理由~」を公開しています。

今回は「エリア・フランチャイズの定義」「エリア・フランチャイズが重視される理由」を掲載しています。

→コラムはこちら

2017.05.11FC研コラム「FCチェーンの海外展開の動向 ~なぜアジアに進出するのか?~」を公開

フランチャイズ研究会にてFCチェーンの海外展開の動向 ~なぜアジアに進出するのか?~」を公開しています。

外食チェーンの海外展開の報道が増えている。しかし、外食チェーンに限らず、小売・サービス業チェーンにおいても海外展開報道が増えている。ほとんどのFCチェーンがアジアへの海外展開を急速に進めている点が特徴的である。
■アジアへの海外展開を急速に進めるFCチェーン
■なぜアジアに進出するのか
■FCチェーンの海外展開パターン(進出形態)

→コラムはこちら

2017.05.09FC研コラム「イノベーションとは(1)『フランチャイズ・イノベーション』より」を公開

フランチャイズ研究会にて「イノベーションとは(1)『フランチャイズ・イノベーション』より」を公開しています。
■なぜイノベーションが必要なのか
■持続的イノベーションと破壊的イノベーション
■価格(コスト)と顧客が求める性能の関係

フランチャイズチェーンの中には、社会にイノベーションをもたらしたものも少なからず存在します。新しい市場を切り拓いたチェーン、日本の商習慣や生活習慣を変えたチェーンもあります。私たちは、フランチャイズチェーンによるイノベーションを「フランチャイズ・イノベーション」と命名し、フランチャイズという仕組みがどのようにイノベーションに貢献したのか研究しました。その成果をまとめたものが小冊子『フランチャイズ・イノベーション』です。

→コラムはこちら

2017.05.05FC研コラム「低額投資FC本部の増加」を公開

フランチャイズ研究会にて「低額投資FC本部の増加 『成功する!低額投資フランチャイズ(H25.3発刊)』より」を公開しています。

私たちは最近の潮流となっている低額投資FCビジネスに注目し、FC本部・加盟者に調査ヒアリングをして、その実態を明らかにしたいと考えました。調査ヒアリングは過去3年間のフランチャイズ・ショーで標準開業資金1000万円以下として記載があった出展企業を中心としてFC本部21社、FC本部から紹介いただいた加盟店7社、合計28社に実施しました。業種をみると、学習塾から介護事業、リサイクル、生活支援など最近の潮流を代表する業種から広くヒアリングすることができました。本書は、これからFCチェーンへの加盟を検討している加盟希望者だけでなく、FC本部企業にとっても参考になる内容となっています。フランチャイズ・ビジネスの発展に向けて少しでもお役に立てれば幸いに存じます。

→コラムはこちら

1 / 3123
セミナー講演実施中

弊社では定期的にセミナーを開催しております。

次回開催予定
現在開催予定の
セミナーはありません。

セミナーのお申込み

フランチャイズビジネスに関することならお気軽にご相談下さい。

ご相談内容の秘密は厳守いたします。
ご相談受付フォームからの初回相談は無料です。

初回無料 ご相談受付フォーム

ページトップへ

Copyright Japan Franchise Research Institute.,Inc. All Right Reserved.